脱毛で誰もが気になるポイントは痛みでしょう。感じ方に個人差が大きいのも事実ですが、脱毛クリニックのウィークポイントでもあります。とはいえ最近は痛くないマシンも少なくありません。技術は進んでいますよ。

医療用レーザーは痛みが難点です

基本的なことのおさらいです。つまり脱毛する場所は、サロンとクリニックがあります。もちろんクリニックは医療機関です。そこでしか使えない医療用レーザーがあります。効果は確実ですが、強い痛みが難点とされています。
口コミをチェックする際には、この点の違いを説明しているか、これが信頼できるサイトの見分け方です。サロン自体のサイトではぼかしていることもありますが、信頼できるクリニックであれば、デメリットも堂々と掲載しているはずです。

実際にどのくらい痛いのか

実際問題として、医療用レーザーはどのくらい痛いのでしょうか。もちろん部位によって感覚は異なります。例えば顔は敏感です。とはいえお尻や太腿の裏などは、気にならないことが少なくありません。
ちなみに某クリニックの男性院長は、ヒゲ脱毛を試してみたようです。しかし耐えられず止めてしまったとか。元々痛みに敏感な人だったようですが、医者自身が語る口コミ動画をアップしている施設なら、信頼できそうです。

痛くないマシンもありますよ

痛みが理由で脱毛クリニックを諦めるべきでしょうか。医療施設ですので麻酔を使うこともできます。短期間で完全脱毛を目指すなら、選択肢として考えるべきでしょう。
そんな中、最近では痛みが極力少ない脱毛マシンも登場しています。もちろんレーザーの出力を調整することも可能です。敏感な日本女性の肌に合わせて機械がどんどん進歩しています。そうした体験談が増えてくると、やってみたくなりますね。

参考にしましょう

医療レーザーを使った脱毛を敬遠しがちな理由は施術時の痛みかもしれません。実際に体験した人しかわからない話を口コミから探してクリニックを選ぶ際の参考にしてみましょう。

関連記事: